輸入車整備 有限会社山内ガレージ

有限会社山内ガレージ>スタッフブログ
有限会社山内ガレージ福岡県の外車・輸入車の車検・修理・整備・点検

メルセデス・ベンツS500(W140)を新しいオーナー様へ ​!

スタッフブログ

 
こんばんは。
山内ガレージです。
 
 
今回のブログでは、メルセデスベンツS500のご納車準備の様子をご報告させて頂きます!
 
 
こちらの車両、昨年末に当社にてお客様よりお引き取りさせて頂きました。
 
 
大切に乗って頂ける方を探しています。
おクルマの買い取りメルセデスベンツS500
ブログ記事はこちら
 
 
前オーナー様より、「大切にしてくれる次のオーナーを見つけてください。」
との依頼を受けておりました。
ほぼ1年という時間をかけて、ついに次のオーナー様が見つかりました!
今回はご報告も兼ねてのブログ記事です。
 
 
新しいオーナー様はW140のメルセデスベンツを以前にも所有されていたお客様で、
「またあのW140に!」
という熱烈なW140ファンのお客様へお引き渡しをする事になりました。
前オーナー様にもご報告し、喜んで頂けました。
嬉しいご報告が出来て良かったです。
 
 
シャッター付きのガレージにて保管をされておりましたので、
外装や内装は新品同様かと思う程にキレイな状態でした。
 
 
 
 
1年点検はもちろんのこと、事あるごとに整備をされておりました。
素晴らしいコンディションでした。
 
 
車検整備と同時に140の整備をしていきます。
 
 
 
 
 
タイヤはミシュランのプライマシー4を選択。
 
 
 
 
交換前と交換後の変化を確認したのですが、
乗り心地や静粛性が良いタイヤだと実感しました。
 
 
 
 
こちらがエンジンのディスキャップ部分です。
 
 
 
 
V8に搭載される119エンジンは、外気の湿気によりディスキャップ部分の内側に湿気が溜まります。
これが悪さをしてエンジンのアイドリング不調を引き起こします。
 
新品交換しても毎日乗られない場合は1~2年でまた発生する事もある、119エンジン定番のトラブルです。
今回は湿気の対策品が出ておりますので、そちらを使用して交換していきます。
 
 
 
 足回りのリフレッシュ。
リアボールジョイントの交換です。
 
 
 
 
こちらもよくあるトラブルです。新品交換していきます。
 
 
 
 
交換のために、サスペンションのコイルスプリング、ロアーアームを取り外す必要があります。
 
 
 
 
こちらは運転席と助手席のランバーサポートです。
 
 
 
 
経年劣化でシート内のエアーバックの空気漏れもよくあるトラブルです。
ダイヤルを回しても動かない?という方はいつの間にか故障していることが多いです。
こちらも新品に交換しましょう。
 
 
 
 
 
 
エンジンのオイル交換と一緒に、燃料ライン、オイルラインの洗浄を行って整備完了です!
アイドリング状態のエンジン音が静かになり、滑らかなエンジンの吹け上がりに変わりました。
 
 
 
 
外装で気になる点は窓枠のモール部分です。
 
 
 
 
この状態からキレイに磨き上げていきます。
 
 
 
 
この部分がキレイになると、クルマの印象がグッと変わりますね。
 
ピカピカに磨いてご納車です!
新しいオーナー様も見つかって、W140も喜んでくれていると思います!
 
 
 
 
大切にして貰える方が見つかって本当に良かったです。
ありがとうございました!

-2018.11.03

新車の状態にどこまで近づけることができるのか?エンジン内部洗浄テスト

スタッフブログ

 

今晩は!
山内ガレージです。

 

 

今回のテーマは

 

「新車の状態にどこまで近づけることができるのか?」

 

山内ガレージで推奨させていただいているエンジン内部洗浄を施工することによって、どこまで新車同様のエンジンになるのかをテストしてみました!

 

なかなか興味深いデータが取れましたのでご報告です。

 

 

 

(目次)

①新車の車両・8万キロ走行の・11万キロ走行の車両のエンジン音(音波形)を比較する

 

②11万キロ走行の車両のエンジン内部洗浄を施工する

 施工前と施工後のエンジン音(音波形)を比較する

 

③新車のエンジン音と11万キロ走行車両(施工後)のエンジン音を比較する

 

 

 

 

① 新車の車両・8万キロ走行の・11万キロ走行の車両のエンジン音(音波形)を比較する

 

 

比較車両はトヨタタウンエースバンを3台準備いたしました。

アイドリング状態から1秒間アクセルを全開で踏見込みます。

その時のエンジン音(音波形)がこちらです。

 

 

新車の状態

 

走行8万キロの車両

 

走行11万キロの車両

 

 

(走行8万キロの車両)

吹けあがりの部分は新車とあまり変わりありませんが

途中で急激にエンジンの回転が落ち込んでいます。

エンジンの内部にスラッジが溜まり、内部抵抗が増えているようです。

 

 

(走行11万キロの車両)

吹けあがりの部分に音のばらつきが見られます。

8万キロの車両よりも重々しくエンジンが吹け上がっています。

回転の落ち込み方も、急激に落ちるようになってしまいました。

惰性によるエンジンが回転も新車から比べると、とても短くなっています。

 

 

(結論)

走行距離が伸びるにつれて、エンジンの内部抵抗が増えて

 

1.エンジンの吹けあがりが鈍くなった

 

2.アクセルオフ後にエンジンの回転が急激に落ちるようになった

 

3.新車に比べて惰性でエンジンの回転が長く続かなくなった

 

ということが分りました。

 

エンジン音の比較動画はこちらから (再生時間50秒)

 

 

 

 

こちらは11万キロ走行の車両のエンジン内部を撮影してみました。

 

 

エンジンの内部は意外ときれい!

オイルメンテナンスをきちんとされてきた車両のようですね。

目に見えて汚れている状態ではないのですが、

きちんとオイル交換をされてきても

新車と比較すると、これだけの差が現れるんですね。びっくりです!

 

 

 

② 11万キロ走行の車両のエンジン内部洗浄を施工する

  施工前と施工後のエンジン音(音波形)を比較する

 

 

走行11万キロの車両をエンジン内部洗浄を施工いたしました。

燃料ラインとオイルラインの両方の施工を行いました。

 

 

エンジン洗浄の施工前・施工後の

エンジン音(音波形)を比較しました。

 

 

 

 

施工中からエンジン音に変化が見られました!

 

(施工後の変化)

1.吹けあがりがスムーズに変化しています。

 

2.アクセルオフ後の回転がゆるやかに落ちていくようになりました。

 

3.エンジン回転が惰性で長く回るようになりました。

 

 

さらにっ!

排気ガスの測定もおこないました。

結果はこちら。

 

施工前の排気ガス測定結果

 

 

施工後の排気ガス測定結果

 

 

 

CO(一酸化炭素)の測定値は変化なし。

ですが、HC(未燃焼ガス)の数値は

施工前が58ppm → 0ppm に変化。

300ppmまでは車検に通りますので、生ガスがちょっと多めかな・・と思っていましたが

 

エンジン内部洗浄施工後は、何と生ガスが0に!

 

 

供給された燃料を、無駄なく燃焼していることが分りました。

無駄な燃料を消費していない!

結果として、効率よくパワーに変えているわけですね。

 

 

ということは、

同じパワーを発揮させるのに、いままでよりもアクセル開度が少なくて済むのでは・・

次回のテストでは燃費テストを実施して確かめてみたいと思います!

 

 

 

③ 新車のエンジン音と11万キロ走行車両(施工後)のエンジン音を比較する

 

 

 

新車の音波形に近づけることができました。

二つの波形を重ねてみると・・

ほぼ一致です!

 

 

 

 

施工前・施工後のエンジン音比較

新車とのエンジン音比較動画はこちら (再生時間2分)

 

 

 

 

今回は、タウンエース専門店「タウンエースネット福岡」の方に

ご協力をいただいてテストをさせていただきました!

ありがとうございました!

タウンエース専門店「タウンエースネット福岡」

販売をされるタウンエースすべてに

当社のエンジン洗浄を施工していただけるとのこと。

ありがとうございます!

がんばります!

 

今回は施工前・施工後の車両に一緒に乗って確かめたのですが

「あれ?こんなに速いクルマだったっけ」

というくらい、大きな変化がありました。

アンケートをいただきましたので、公開させていただきます!

 

 

 

ありがとうございました!

大満足の結果が出てよかったです。

燃費のテストも引き続き行っておりますので

データが取れ次第、また公開させていただきたいと思います!

 

 

-2018.10.20

BMW530i(F10)豪雨被害による水没車の修理

スタッフブログ

 

こんにちは。

山内ガレージです。

 

 

今年の夏の豪雨でも、日本各地で被害が見られました。

建物やクルマが水没している映像を多く見かけました。

十数年前に豪雨により近くの川が氾濫し、当社も被害に遭い、復旧まで大変な思いを致しました。

自然の力を身にしみて感じました。

今回、被害に遭われた皆様が以前のように一刻も早く復旧できることを願っております。

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

今回は水害に遭われたお客様のお車を全力で復旧させていただきます。

 

 

水没車の修理は大変な作業になります。

それは、相手が水ということで、どんな所からも侵入するからです。

どこまで水に浸かったのか。

その時の状況で、そのクルマの寿命が決まります。

 

 

クルマには数多くの電子部品が使用されています。

トランクルームの中、シート下、床に設置されていることが有り

水溜りの中を走っている様子をニュースでよく見ますが

本当に恐ろしいです(汗)

 

 

今回ご入庫いただいたお車は

BMW530i(F10)です。

 

 

お客様のご依頼内容は

助手席側のマットがビチョビチョになるという事でした。

 

 

確認すると、確かに助手席側(特にリアシート)マットがひどい状況です。

お客様曰く、

大雨の日に水溜りを通ったからだろう・・

とのことでした。

 

まずはその原因を探るべく、分解をはじめました。

 

 

 

 

室内のマットをすべて外しましたが、水の侵入の原因らしいところはありませんね。

 

 

 

 

やはり助手席側リアのマット部の水がひどいです。

 

 

・・・ということは、ドアからの浸水?

全ドアの内張りとインシュレーターを取り外し確認をしました。

 

 

 

発見っ!!

 

左リアドア・インシュレーターの下部角部のブチルテープがはげていました。

そこから大量の水が侵入してきたと断定。

 

 

 

 

 

 

4枚ドアともインシュレーターとブチルテープを新しいものに交換。

室内のマットも前後とも新品に交換を行いました。

室内に水が入ってこないことを確認。

 

 

・・・もう一つご報告です。

BMWに多い室内が水に濡れる原因として

よくある例がドアの内張りピンです。

 

 

 

 

 

 

この症例が非常に多いです。

山内ガレージではここでひと工夫。

 

 

ドアの内張りピンには黒いガスケットがついていて

これが外からの水を防いでいます。

古くなると、このガスケットから水漏れを起こします。

防止のためにドアの内側から薄いフィルムを貼ります。

 

 

 

 

 

 

原理はこのようなイメージです。

フィルムが傘の役目になり、水がピンの方に流れ込まないように工夫をして組み付けます。

 

 

 

 

Wブロックで水が入り込むことがありません!

山内ガレージのひと工夫っ!!

これで何台も修理してきました(笑)

企業秘密です。

-2018.10.09

エンジン内部洗浄を施工させていただきありがとうございました!累計2222台

スタッフブログ

こんにちは。

山内ガレージです。

 

今月もたくさんのご来店ありがとうございました!

エンジン内部洗浄を施工させていただきました!

 

現在施工累計台数は2222台!

皆様のおかげでここまで施工することができました。

 

遠くは広島県からお越しいただけるお客様、

定期的にエンジン洗浄をご利用されるお客様、

たくさんの方がお車を大事にされていることを実感させて頂いています。

いつも山内ガレージを選んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

 

BMWZ4 (E89) 

型式 DBA-LL20

年式 平成24年7月

走行距離 55,918km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

BMW116i (F20)

型式 DBA-1A16

年式 平成25年6月

走行距離 40,284km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

レンジローバーイヴォーグ

型式 CBA-LV2A

年式 平成25年8月

走行距離 103,643km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

メルセデス・ベンツS320(W140)

型式 E-140032M

年式 平成9年9月

走行距離 64,678km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

ジャガーXKクーペ

型式 GH-J413A

年式 平成16年11月

走行距離 34,587km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

BMW320i(E90)

型式 ABA-VR20

年式 平成21年1月

走行距離 68,708km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

BMW750i(F01)

型式 CBA-YA44

年式 平成24年12月

走行距離 100,794km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

BMW116i(E87)

型式 ABA-UE16

年式 平成20年8月

走行距離 97,779km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

BMW X6(E71)

型式 ABA-FG44

年式 平成21年9月

走行距離 61,883km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

BMW318i (E46)

型式 GH-AY20

年式 平成16年5月

走行距離 62,975km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

BMW330i (E46)

型式 GH-AV30

年式 平成15年8月

走行距離 86,250km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

BMW320d(F30)

型式 LDA-3D20

年式 平成25年3月

走行距離 155,740km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

ポルシェパナメーラ(970)

型式 ABA-970M46

年式 平成25年9月

走行距離 37,203km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

BMW320i (E46)

型式 GH-AV22

年式 平成17年2月

走行距離 83,370km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

BMW120i

型式 ABA-UL20

年式 平成20年6月

走行距離 60,198km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

メルセデス・ベンツE350 (W211)

型式 DBA-211056C

年式 平成19年9月

走行距離 99,511km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

 

 

メルセデス・ベンツS550 (W221)

型式 DBA-221171

年式 平成21年3月

走行距離 37,438km

エンジン洗浄(燃料ライン・オイルライン)を施工させて頂きました。

このたびはご来店ありがとうございました!

 

 

-2018.09.29

【車両販売】メルセデス・ベンツE350クーペのご納車

スタッフブログ

こんにちは。

山内ガレージです。

 

今回はメルセデス・ベンツE350クーペのご納車をさせていただきました。

平成23年式の4.8万キロ走行のきれいな車両です。

ご納車までの整備の様子を一部ご紹介させていただきます。

 

 

今回の整備は車検整備に加え、消耗部品の交換を一緒に作業させていただきました。

 

 

ブレーキパッドの交換です。

残量は問題ありませんが、ブレーキのダストが気になるとのこと。

お客様からのご依頼で低ダストタイプのブレーキパッドへ交換させていただくことになりました。

 

 

 

ATE製のセラミックパッドを使用します。

ドイツのシュツットガルトのブレーキシステム専門メーカーですね。

このブレーキパッドは他のお車でも使用していますが、ブレーキダストの発生が少なく

純正ディスクとの相性も良いですね。

 

 

 

アルミホイールの裏側です。

ブレーキダストでかなり汚れてます。

普段洗えない箇所ですので、きれいに清掃します。

 

 

こちらが清掃後。

見違えるように、きれいになりました。

もともとこんな色だったのですね。

気持ちいい!

 

 

オイル・エレメント交換と同時に

エンジン内部洗浄(オイルライン・燃料ライン)の施工もさせていただきました。

エンジンのレスポンスが軽くなりました。

施工前のテストではアクセルが重い印象だったのですが、

施工後のアクセルは軽くなりました。

 

 

ホイールキャップにも経年劣化の腐食が見られますので

新品に交換です。

 

 

ホイールの内側も外側もきれいに生まれ変わりました!

 

 

ボディの仕上げを行います。

ボディ全体の撥水処理とメッキ部分の磨き込みを行って完成です!

さらに輝くボディに変わっていきます。

 

このたびはご購入をいただき、ありがとうございました。

メンテナンスなどいつでもご相談ください!

今後共山内ガレージを宜しくお願い致します!

 

-2018.09.22

新しい記事

アーカイブ

アーカイブ

ページトップへ