輸入車整備 有限会社山内ガレージ

有限会社山内ガレージ>スタッフブログ
有限会社山内ガレージ福岡県の外車・輸入車の車検・修理・整備・点検

BMW X3パーキングブレーキ異常

スタッフブログ

こんにちは山内ガレージ溝部です。

今回の投稿は、パーキングブレーキ警告灯が点灯し、そのまま家まで走行したら右後ろから煙が出たとご連絡いただきました。

現車を確認した所、右後ろのブレーキローターが焼けており、電動パーキングブレーキが作動したまま走行した事が煙の原因と考えられます。

専用テスターによる診断を実施したところ、右パーキングブレーキアクチュエーター断線という結果でした。

このアクチュエーターが断線したことにより、パーキングブレーキが解除できなかったのが今回の故障原因です。

部品を調べたら国内在庫が無く、入荷予定が約3ヶ月後…本来は新品部品に交換したいところですが、

お客様のご意向により特別に中古部品交換で対応致しました。

煙が出たとのことなので、ブレーキキャリパーのブーツなど溶けていないか点検、正常でした。

熱で焼けて変色した右リアブレーキローター

正常な左リアブレーキローター

ブレーキローターは、安全性を考慮して左右とも交換をします。

ブレーキパツトも磨耗していましたので、併せて交換を行いました。

部品交換後、バーキングブレーキの作動確認、ロードテストを実施し、診断機で故障コードの確認を行って作業完了です。

警告灯が点灯した際は、お気軽に山内ガレージまでご相談ください。

-2022.09.25

ポルシェ911 カレラ4 キュルキュル異音

スタッフブログ

皆さま

こんにちは、山内ガレージ 岩﨑です。

いかがお過ごしでしょうか?

私は、お陰様で元気に日々過ごしております。

これも偏に山内ガレージに入庫して頂ける皆さまのお陰です。

日々感謝しております! ありがとうございます!!

さて!今回のブログは、ポルシェ911 カレラ4(997)↓

走行時、アクセルを踏むとキュルキュルと異音がするとの事でご入庫です。

早速点検したい所ですが…

外からは、何も見えないポルシェ(笑)

とりあえずリフトアップ後、下からエンジン廻りを覗いてみる事にしました。

下から見たエンジン廻り
ベルト廻りがなんとなく見えます

エアークリーナーBOXを外してファンベルト廻りを点検。

ベルト廻りに異常あり!

ファンベルトを調整しているベルトテンショナーの支点ボルトが折れ、ベルト張力が低下してベルト鳴きをおこしてた事が判明。

この状態から部品を交換したい所ですが…

ボルトが折れているので、外す事が出来てもスペースが狭い為、新しいボルトが入りません…

という事で…分解して行きます!

バンパーを外すとマフラーがある為、ヒートシールドという遮熱版が付いています。
マフラーが見えました!
エンジンを支えているサポートメンバーを外すため、エンジン台に乗せて作業します。

ベルトテンショナーを外しました。

ファンベルトテンショナーとボルト交換。

ボルトを交換する際に考えたのですが、また純正ボルトを使用すると同じ様に折れる可能性がある為、強度がある焼の入ったボルトに交換しました。次は折れない様に考えた結果の作業です!これが、山内ガレージならではの作業です!!

ベルトテンショナー交換完了。

分解した箇所を元に戻して行きます。

ポルシェのマフラーボルトは、錆により外す際によく折れる事が特徴としてあります。今回は折れませんでしたが…錆が進行していましたので、次に外す事を考えて赤錆から黒錆に変える液剤を塗布し、錆の進行を抑えた後、錆止め塗料を塗布し取り付けしました。

作業完了後、ロードテストを行いお客様にお引渡し完了。

最後までご回覧頂き、ありがとうございます。

次回のブログも、ご回覧頂ければ光栄です!

今後とも山内ガレージを宜しくお願い致します。

-2022.09.15

山内ガレージの取り組み!

スタッフブログ

山内ガレージでは、公益財団法人「CIESF」のカンボジアをはじめとした
途上国の未来を支援する教育支援団体に協力しています。
当社ではCIESF(シーセフ)募金箱を店内に設置いて支援・協力を行っております。

カンボジア政府のデータ(2011年)によると、全国に小学校は6767校、中学校は1575校あります。
これは今までカンボジアの政府や多くの海外の支援団体が建設してきた成果です。
しかし、現状としては学校の数は足りていますが、教える教師の「数」も「質も」教育環境は
まだまだ良くなっていません。

先日、ご来店されたお客様から「私もCIESFの活動を応援していて、カンボジアにも行きました」という

お話をきかせて頂き、同じ取り組みをされている方とお会いできて嬉しく思いました。

引き続き、「国境なき教師団」教育アドバイザー派遣事業をはじめ、途上国の未来を支援する
民間の教育支援団体「CIESF」に賛同し、当社も微力ながら貢献してまいります。

最後までお読みいただきありがとうございました。 田﨑

 

-2022.09.05

シトロエン サスペンション違和感?

スタッフブログ

こんにちは、山内ガレージ溝部です。ブログ閲覧ありがとうございます。

今回は、シトロエンのフロント足回りブッシュ交換などを行いました。

新品のプレス導入致しました。

フレームの中にロアーアームが

ナックルアームを取り外してロアーアームをとります。

取り外したロアーアームです。

ブッシュの交換

プレスを使用して交換を行いました。

スタビライザーのブッシュ交換もおこない、アライメントの調整をして完了しました。

最後にお客様から頂戴したメールをご紹介致します。

H様ご報告ありがとうございます。

-2022.08.25

エンジン内部洗浄機の内部紹介

スタッフブログ

皆さま

お元気でしょうか?

暑さも本番になってきており、熱中症に気をつけて作業を行っている日々でございます。

さて今回は、エンジン内部洗浄(フラッシング)マシーンの内部説明を行いたいと思います。

他社で行っているフラッシングは、1次洗浄しかないので、エンジン内部の汚れを落とした後に油膜も洗い流す為、施工後にエンジンオイルを入れて始動させると焼き付きをおこす恐れが有るあります。

山内ガレージのフラッシングマシーンは、2次洗浄になっていて1次洗浄でエンジン内部汚れを落とし、2次洗浄でエンジン内部をコーティングする仕組で安心です。

洗浄マシーンの内部を裏から見た写真左のA液でエンジン内部の汚れを落としB液でエンジン内部のコーティングを行います。

先日、ポルシェマカンGTSオーナー様からエンジン洗浄のご感想を頂き、山内ガレージとしても嬉しく思います。

この機械もすでに廃盤の為、自分達で内部の部品を探してストックしています。

レアな機械ですし、大切に修理しながら使用しています。是非この機会にエンジン洗浄を施工して頂き皆さまにも、体感して頂けたら幸いです。

お気軽にご相談下さい!

宜しくお願い致します!

山内ガレージ 岩﨑

-2022.08.15

新しい記事

アーカイブ

アーカイブ

ページトップへ