輸入車整備 有限会社山内ガレージ

有限会社山内ガレージ>スタッフブログ
有限会社山内ガレージ福岡県の外車・輸入車の車検・修理・整備・点検

ベンツC(w204)エンジン不調点検修理

スタッフブログ

皆さま

いかがお過ごしでしょうか♪

早いもので、もう2023年も終わろうとしております。

歳を重ねる毎に時間や歳の間隔が早くなるといいますが…まさに早すぎる感覚です。

学生の時は、時間が過ぎるのが遅く感じ、早く大人になりたいなんて事も思っていました。

皆んな、同じ時間なんですけどねっ!(笑)

さて今年最後のブログになります!

今回の修理内容は、ベンツC200(w204)エンジン始動するが回転数が上下(ハンチング)して動こうとするとエンジンがストール(止まる)という症状で入庫しました。

まずは、セオリー通り診断機(テスター)で診断した所、内容は、写真の通りの内容でした。

①燃料が薄い内容
②空気の量を電気信号に変えコンピューターに知らせるセンサー
③スパークプラグの火花が弱い内容

上記内容を踏まえて診断に入っていきますが…

ここで入口を間違えると遠回りの診断になるので、ここは慎重に考えて進んで行きます。

この診断機を元に修理を行うと診断機に出た不具合部品を交換しがちですが。山内ガレージは、違います!

エンジン不調の時は、アネジュです!笑

これが基本になります!

アネジュのアは、エンジンの良い圧縮

アネジュのネは、良い燃料

アネジュのジュは、良い潤滑(良い火花)

です。

よって、エンジン不調の際は、ここから点検していきます。

まずは、圧縮比の点検(今回は、問題有りませんでした)

燃料圧力の点検。ここでまず引っ掛かりました。燃圧は、個々違いが有り今回の車両は、少し高めで6キロぐらい必要です。

実際には、3キロ半分ぐらいの燃料圧力でした。

次に良い火花という事で、火花を点検しましたが、異常は、有りませんでした。

上記内容を点検せずに診断に入ると違う方向から診断する為に、変えなくて良い部品を変えたり結果治るかもしれませんが、遠回りの診断になる為、お客様への負担が増えたりと良い事は有りません。

診断機の内容は、信用すると大変な事になるので、山内ガレージでは、師匠から教わった基本的な事を守り整備を行なっております。

何が悪かったかというと、燃料ポンプ不良でした。

燃料圧力を測ると3キロぐらいでギリギリエンジンは、始動するが燃料圧力が低い為吹き上がらずエンジンの力も出ない状況でした。

燃料ポンプを交換する前にダメ推しで、エンジン内部洗浄のマシーンをエンジンに繋ぎ燃料圧力を5〜6キロに上げエンジン始動すると、エンジンの調子や吹き上がりも良くなった為、燃料ポンプを交換する事にしました。

エンジン内部洗浄マシーン繋ぎ

燃料フィルターが詰まっていても同じ様な症状が出る為、先に燃料フィルターを交換して症状を見るも変化がない為、燃料ポンプ交換へ移行しました。

いつ交換したか解る様に日付も記載しました。

燃料ポンプは、リアシート下にある為、シートを外しての作業になります。

マットをはぐるとカバーが見えるので外します

全て交換後、エンジン始動させロードテストを行い、診断機にて故障が無いか再度確認後、修理完了しました。

今回のポイントは、診断機の内容に惑わされず診断出来た事です。

基本的な点検を怠らず行えた事で早くて正確で金額的にも最小限で行えた事が良かったです。

お客様にも喜んで頂きました。

この様な修理を来年も心がけて

山内ガレージ一同精進して参りますので、来年も引き続き宜しくお願い致します!

山内ガレージ 岩﨑

-2023.12.02

アウディTT ヘッドライト修理

スタッフブログ

こんにちは、岩﨑です!

さて、今回の記事はヘッドライト修理に成功したアウディTT(車検でご入庫)です。

点検をおこなっていくと、左ヘッドライトのLOWビームは点灯するがHIビームが点灯しない事に気付きました。

テスターで診断しても故障が無いという判断の為、外して点検する事にしました。

↑ヘッドライト内部点検

狭い内部の中の配線を1本ずつ点検します。

↑ ようやく、HIビームの配線が断線している事を確認しました!!

この時点で、通常はヘッドライト本体の交換を勧められると思いますが、高額になりお客様への負担も増える為、なんとか修理するという一心で作業を進めて参ります。

↑ 断線個所から外した配線の端子

画像はありませんが、作業スペースが狭い中から配線端子を取り出すのに苦労しました。

配線を確認すると劣化していた為、配線を交換する事にしました!

ヘッドライトの配線は供給が無い為、車両の配線カタログからピックアップし、複数種類ある中から該当の端子を探し出すのも大変でした…

配線がショートしないようシーリング

ヘッドライト本体交換せず、修理で対応出来た事でお客様の負担も減り、喜んで頂けて良かったです。

最近では、ご来店頂いたお客様から「ブログ見たよー」とか、「良かったねー」と

いつも暖かいお言葉を頂き、励みになっております。

今後のブログも、皆様に喜んで見て頂ける内容を考えて作成したいと思います!

早いもので今年も残すところ、1ヶ月となりましたが、皆様におかれましてもお身体ご自愛下さい。

山内ガレージ一同、健康に気をつけて頑張って参ります!

-2023.11.25

ベンツ190エンジン整備

スタッフブログ

おはようございます!

山内ガレージ 岩﨑です。

最近は、朝晩の冷え込みが厳さを増してまいりましたが、皆様お変わりございませんか。

さて、今回のブログ内容は、車検で御入庫のベンツ190です。

点検後に車両を動かそうとエンジン始動するも始動性が悪く、エンジンがボトツキました。

すぐにエンジン燃料インジェクターの後垂れだと直感しました。

お見積書を作成し、お客様に内容をお伝えした所、修理お願い致しますとの事、すぐに修理を進めていきます。

燃料パイプを外す前は、周囲のゴミをブラシで清掃しその後、燃料ラインにゴミが混入しない様に気をつけて外していきます。

インジェクターのパイプを外しました。

ゴミが混入しない様に自作のメクラ蓋(赤丸)取付け
症状を確認する為、旧インジェクターもテストします
この機械を持っている工場は、少なくレアな機械です。

新品インジェクターをそのままエンジンに取り付けてはダメです。

新品インジェクターノズル先端部には、ノズルが固着しないように蓋がしてあり、圧力を掛けるとその蓋が外れ噴射する様になってます。

よって、新品も1本ずつ内部を洗浄してから、エンジンに取付けします。

新品インジェクター洗浄中
インジェクター交換完了
空気64% 燃料36%と表されています↑
空気と燃料の割合を50%に調整

作業終了後、始動性とロードテストドライブを実施しました。

走りが劇的に変わりました!

お客様に、交換部品を確認してもらい内容を全てご説明し、喜んで頂きました。

いつも作業時には、師匠から教え込まれた言葉を心がけています。

「修理+華のある仕事をしなさい!」

今回の華は、フューエルディスビの燃料パイプ取付部を磨きました。

これによって、エンジン性能が向上する訳ではございませんが、少しでも奇麗に気持ち良く

乗って頂きたい、ベンツに喜んでもらいたという想いです。

今後共、華のある整備を行なって参りますので、山内ガレージを宜しくお願い致します!

-2023.10.25

BMW X3 コロナリング点灯しない…

スタッフブログ

皆さま

山内ガレージ 岩﨑です。

皆様からの仕事面や健康面を気遣うお言葉が励みになり、日々整備に取り組めております!

ありがとうございます!

さて今回のご依頼は、公式LINEアカウントをご登録いただいているお客様から、BMW X3の

ヘッドライト内のコロナリング内側が点灯しないという事で問い合わせが有りました。

お客様から、LINEでのご依頼内容↑
矢印のLED点灯していない

診断機で点検した所、電気的故障は無かった為、LEDを点検しようとしましたが…

ヘッドライト裏のスペースがなく、点検するにもヘッドライト本体を外す必要があります。

分解前にお客様へ部品や点検費用等の金額をお伝えし、作業を進めさせて頂きました。

フロントバンパーやアーチモール外しての作業になります。

このLEDモジュールを交換しても治らない場合には、ヘッドライト本体交換が必要になる事が多い為、お客様にヘッドライト交換迄のお見積りを作成してご説明したところ、修理の承諾を頂きました。

作業を進めましたが、ヘッドライト側の照明パイプも焼けて光を照らせない状況です。

ヘッドライト本体の交換は承諾を得ていましたが高額です。

なんとかお客様の負担を減らしたい想いで交換以外に修理する方法がないかを考えました。

再度、お客様から承諾を得たので、LEDとパイプの距離が遠くなり光量が落ちる可能性がありますが、作業に取り掛かりました。

この照明パイプは、材質がもろくて割れやすい為、慎重にカットして粗い断面を鏡面仕上げする必要があります。

作業スペースが狭く、破損させないよう慎重にサンドペーパーの番数を変えながら断面を徐々に研磨して鏡面に仕上げていきます(汗)

焼けた部分がクリアーになりました。
コロナリングLEDモジュール交換

作業完了後、ヘッドライトテスターで問題がないことを確認しました。

結果的にLEDモジュールだけの部品交換で修理費用を抑える事に成功し、お客様にも喜んで頂き幸いです。

山内ガレージでは、今まで蓄積した経験により、工夫しながら修理する事を心掛けています。

創業者の教えである「ヒューマンサービス」の精神を第一に、お客様のご要望に取り組んで参ります。

今後とも、山内ガレージを宜しくお願い致します。

-2023.09.25

フィアット パンダ セミレストア(前編)

スタッフブログ

写真は、イメージです。現車では御座いません。

皆さま、異常な暑さが続いております。お体ご自愛ください。

私も、水分補給を忘れず整備に励んでおります。

さて、今回のご依頼内容は、フィアットパンダ(イタリア車)のセミレストア作業です。

元々お父様が乗られていたお車で、ご自宅の車庫で3年程眠っていたお車を息子さんに乗り継ぎしたいとのご依頼です。

屋根付きの車庫に保管されていた事もあり、外装はしっかりしていました。

問題は、エンジン廻りと足廻りに錆が広がっていた事でした。

まずは、燃料タンクを外して内部の錆を落とします。

下から写した写真です
下斜めからの写真です。
外から見た目もサビが進行しています。

燃料タンクは、内部のサビを落として再使用する予定でしたが…

あまりにもサビが進行し過ぎて、ワイヤーブラシでサビを落としていると、穴が開いてしまうぐらいに腐れておりました…

急遽、燃料タンク交換に変更。

燃料タンクを探しましたが、国内にも本国にも在庫が無く…自主製作してタンクを付けないといけないかと思い、そちらの構想を練っていましたが…新たに製作となると費用的にもお客様の負担になると思い悩んでいました…自宅に帰って、本国以外の国にアクセスしてみると!

な!な!! なんと!!! イタリア車なのにオランダにー!在庫が有る事が解りメールにてオーダーしました。日本到着まで船便と税関等の手続きで入荷に2~3か月要すという事でした。

諦めていましたが、本当に良かったです!!

奇跡です!

先に、下廻りと足廻りの作業を進めて行きます。

キャリパーピストンも固着してましたので、オーバーホールです。
サビの進行を止める薬の様な塗料です
薬が浸透すると黒くなります。
下廻りの全て薬を塗りました!
念の為に薬の上からサビ止め塗料も塗布。
最後に耐熱塗料で仕上げです。
耐熱塗料がブレーキ廻りに着いてますが、最後に全て新品に交換します。

サビは、癌と一緒で放っておくと、そこから進行し続けます。

よって、山内ガレージでは

①サビ落とし

②サビの進行を抑える塗り薬

③サビ止め塗料

④耐熱塗料仕上げ

3層構造で下廻りの処理をしています。

永く乗って頂く為に、下処理は念入りにやっております!

新品の燃料タンクはオランダにありましたが、チェックバルブとパッキンは本国以外の国にも無く、再使用しか方法がありません。

外すのにかなり時間と技術を要しましたが、文章での表現では長くなりすぎるので、写真を掲載せていただきます。

タンクカットしてチェックバルブ外し
ゴムパッキンが樹脂の様に硬くなりチェックバルブとパッキンが破損しない様に外しました。

作業から約3ヵ月後…やっとオランダより新品の燃料タンクが届きました(^^♪

執念で探した、燃料タンク!

やはり、新品部品は最高で安心ですねー!

前編は、ここまでになります。

いつも、山内ガレージを応援してくださる沢山のお客様ありがとうございます!

最近では、お客様から沢山の暖かいお言葉、差し入れ等ありがとうございます。

感謝しかありませんが、技術等で恩返し出来ればと日々整備精進してまいります!

いつも応援ありがとうございます!

新規のお客様にもお問い合わせ多数頂いておりますが、少数で作業している事もあり既存のお客様で入庫が2カ月先までご予約を頂いてる状況でございます。

ご希望に添えずご迷惑をお掛けしておりますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

山内ガレージ 岩﨑

-2023.08.25

新しい記事

アーカイブ

アーカイブ

ページトップへ