輸入車整備 有限会社山内ガレージ

有限会社山内ガレージ>トピックス
有限会社山内ガレージ福岡県の外車・輸入車の車検・修理・整備・点検

新車の状態にどこまで近づけることができるのか?エンジン内部洗浄テスト

スタッフブログ

 

今晩は!
山内ガレージです。

 

 

今回のテーマは

 

「新車の状態にどこまで近づけることができるのか?」

 

山内ガレージで推奨させていただいているエンジン内部洗浄を施工することによって、どこまで新車同様のエンジンになるのかをテストしてみました!

 

なかなか興味深いデータが取れましたのでご報告です。

 

 

 

(目次)

①新車の車両・8万キロ走行の・11万キロ走行の車両のエンジン音(音波形)を比較する

 

②11万キロ走行の車両のエンジン内部洗浄を施工する

 施工前と施工後のエンジン音(音波形)を比較する

 

③新車のエンジン音と11万キロ走行車両(施工後)のエンジン音を比較する

 

 

 

 

① 新車の車両・8万キロ走行の・11万キロ走行の車両のエンジン音(音波形)を比較する

 

 

比較車両はトヨタタウンエースバンを3台準備いたしました。

アイドリング状態から1秒間アクセルを全開で踏見込みます。

その時のエンジン音(音波形)がこちらです。

 

 

新車の状態

 

走行8万キロの車両

 

走行11万キロの車両

 

 

(走行8万キロの車両)

吹けあがりの部分は新車とあまり変わりありませんが

途中で急激にエンジンの回転が落ち込んでいます。

エンジンの内部にスラッジが溜まり、内部抵抗が増えているようです。

 

 

(走行11万キロの車両)

吹けあがりの部分に音のばらつきが見られます。

8万キロの車両よりも重々しくエンジンが吹け上がっています。

回転の落ち込み方も、急激に落ちるようになってしまいました。

惰性によるエンジンが回転も新車から比べると、とても短くなっています。

 

 

(結論)

走行距離が伸びるにつれて、エンジンの内部抵抗が増えて

 

1.エンジンの吹けあがりが鈍くなった

 

2.アクセルオフ後にエンジンの回転が急激に落ちるようになった

 

3.新車に比べて惰性でエンジンの回転が長く続かなくなった

 

ということが分りました。

 

エンジン音の比較動画はこちらから (再生時間50秒)

 

 

 

 

こちらは11万キロ走行の車両のエンジン内部を撮影してみました。

 

 

エンジンの内部は意外ときれい!

オイルメンテナンスをきちんとされてきた車両のようですね。

目に見えて汚れている状態ではないのですが、

きちんとオイル交換をされてきても

新車と比較すると、これだけの差が現れるんですね。びっくりです!

 

 

 

② 11万キロ走行の車両のエンジン内部洗浄を施工する

  施工前と施工後のエンジン音(音波形)を比較する

 

 

走行11万キロの車両をエンジン内部洗浄を施工いたしました。

燃料ラインとオイルラインの両方の施工を行いました。

 

 

エンジン洗浄の施工前・施工後の

エンジン音(音波形)を比較しました。

 

 

 

 

施工中からエンジン音に変化が見られました!

 

(施工後の変化)

1.吹けあがりがスムーズに変化しています。

 

2.アクセルオフ後の回転がゆるやかに落ちていくようになりました。

 

3.エンジン回転が惰性で長く回るようになりました。

 

 

さらにっ!

排気ガスの測定もおこないました。

結果はこちら。

 

施工前の排気ガス測定結果

 

 

施工後の排気ガス測定結果

 

 

 

CO(一酸化炭素)の測定値は変化なし。

ですが、HC(未燃焼ガス)の数値は

施工前が58ppm → 0ppm に変化。

300ppmまでは車検に通りますので、生ガスがちょっと多めかな・・と思っていましたが

 

エンジン内部洗浄施工後は、何と生ガスが0に!

 

 

供給された燃料を、無駄なく燃焼していることが分りました。

無駄な燃料を消費していない!

結果として、効率よくパワーに変えているわけですね。

 

 

ということは、

同じパワーを発揮させるのに、いままでよりもアクセル開度が少なくて済むのでは・・

次回のテストでは燃費テストを実施して確かめてみたいと思います!

 

 

 

③ 新車のエンジン音と11万キロ走行車両(施工後)のエンジン音を比較する

 

 

 

新車の音波形に近づけることができました。

二つの波形を重ねてみると・・

ほぼ一致です!

 

 

 

 

施工前・施工後のエンジン音比較

新車とのエンジン音比較動画はこちら (再生時間2分)

 

 

 

 

今回は、タウンエース専門店「タウンエースネット福岡」の方に

ご協力をいただいてテストをさせていただきました!

ありがとうございました!

タウンエース専門店「タウンエースネット福岡」

販売をされるタウンエースすべてに

当社のエンジン洗浄を施工していただけるとのこと。

ありがとうございます!

がんばります!

 

今回は施工前・施工後の車両に一緒に乗って確かめたのですが

「あれ?こんなに速いクルマだったっけ」

というくらい、大きな変化がありました。

アンケートをいただきましたので、公開させていただきます!

 

 

 

ありがとうございました!

大満足の結果が出てよかったです。

燃費のテストも引き続き行っておりますので

データが取れ次第、また公開させていただきたいと思います!

 

 

-2018.10.20

山内ガレージの昔と今

スタッフブログ

 

こんにちは。
山内ガレージです。

 

工場と事務所の整理をしていると、

先代社長の山内さんが保管されている昔の写真や資料を見せていただきました。

山内ガレージの歴史を感じる、貴重な時間でした。

いくつかをこちらでご紹介させていただきます。

 

 

こちらはBOSCHの情報誌に掲載された際の記事です。

当時の山内ガレージの取材をされております。

 

いまでは優しいおじいさん(と言ったら怒られますね・・)ですが・・

当時の山内さんは、それはそれはとても恐ろしい存在。

しかし、

山内さんの徹底された教育のおかげで、今の山内ガレージがあるのですね。

 

 

 

 

懸命にリアカーを引っ張る青年。

こちらは若かりし頃の岩崎さん(現工場長)ですね。

まだこの時はあどけなさが残る、21歳。若いっ。

こんなフレッシュな時代があったのですね。

平成8年、隣の工場から現工場に移転した際のものだそうです。

 

 

 

 

皇太子様と雅子様、ご成婚後のパレード。

平成5年頃のお写真でしょうか。

当社の前の三号線をパレードで通過されています。

この頃はまだ上に都市高速が通っていなかったのですね。

明るく見晴らしの良い景色が広がっています。

歴史を感じる一枚です。

 

 

 

下の写真は福岡空港のガルーダ航空機、離陸事故の様子です。

平成8年の6月13日の撮影です。

 

 

 

こちらは若き日の山内さん。

ご入庫のロールスロイスと一緒に撮影されています。

 

後ろに写っているハマーは日本でまだ数台しか走っていない時代

当社にご入庫された車両とのこと。

正規輸入が始まる前のことで、ディーラーさんもテスターを持たれておらず

整備にとても苦労されたとのことです。

 

しかしながら、「仕組みがわかっていれば理屈は同じ」とのことで、

アナログのテスターを使用しながら

なんとかかんとか整備を進められたそうです。

 

 

 

下のお写真はとても想い出深い車両のお写真です。

BMW M5で走行距離は50万キロ以上を走行をされました。

オイル交換など必ず距離を守ってメンテナンスに来店いただき、

当社からお渡しする計算書が10センチ以上の束になって、

お客様は保管をされておりました。

当社が徹底的にメンテナンスをさせて頂いた車両の一台です。

 

 

 

当時は今とは違い、手書きの計算書でした。

山内さんが手書きで書かれた後、奥さんが正書をされます。

今はパソコンに打ち込んで修正もすぐにできますが、

当時は間違えるとすべて書き直しの時代。

電卓ひとつで夜遅くまで、何度も書き直しをされたそうです。

それでも「〇〇一式」と省略して記載はせず

山内さんに言われ、部品一つひとつを記載して、

加えてお客様にはわかりやすく説明をされていました。

ご苦労が伺えます。

 

 

 

こちらはロールスロイス・シルバーシャドーⅡの

パワーウィンドウ回路です。

手書きで作成されています。

 

当時は資料もなく、山内さんが現物を見ながら手書きで作成されていました。

「無いから作るしかなかった」そうです。

自分で作ることで、より仕組みを理解でき

その車を深く知るきっかけになる、とおっしゃっていました。

こういった手書きの資料が今でもいくつも残されています。

 

 

 

 

最後のお写真は、毎朝全員で読み上げている

山内ガレージの経営理念です。

こちらも年季が入っています。

 

 

 

パソコンがなく、情報がなかなか手に入らない、今とは全く違う時代。

山内さんと山内さんの奥さんによって積み上げていただいたものが

今の山内ガレージにつながっていることを深く感じました。

 

アナログからデジタルに変わって行く中で

残すべき大切な伝統は残し、その上で時代に対応していく必要があると思います。

新しいもの、便利なものだけでは駄目で、

変えてはいけない大切なものがあるのだと、実感しました。

 

まだまだ山内さんに怒られながら、

お二人に深く感謝しながら頑張っていこうと思いました。

これからも宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

 

-2018.09.08

BMWMINIエンジン内部洗浄 エンジン音が変わりました!

スタッフブログ

こんにちは。

山内ガレージです。

 

BMWミニのエンジン内部洗浄を施工させていただきました。

平成20年式 89,000走行のBMWミニです。

 

エンジン内部洗浄の施工前・施工後のエンジン音を計測しました。

動画はこちらよりご覧いただけます。(1分5秒)

 

 

施工前と施工後のエンジン音に変化がありました。

 

 

施工前は、アクセルオフにすると、エンジンの回転が急激に落ち込んでいました。

上の図の○印の部分ですね。

これはエンジン内部の摩擦抵抗が大きいことが考えられます。

走行距離も89,000キロですので、エンジン内部にはスラッジ(ゴミ)が多く堆積しています。

これがエンジンの回転のロスにつながっているのですね。

 

続いては施工後です。

先程のようにアクセルオフにした後も、ゆるやかにエンジンの回転が落ちていっています。

これはエンジン内部の摩擦抵抗が少なくなったことを示しています。

 

エンジンのレスポンスが変わり

お客様に喜んでいただけました!

ありがとうございました。

-2018.09.01

おクルマのフロアマットクリーニングサービスを開始致しました。

スタッフブログ

 

こんにちは。
山内ガレージです。

 

雨天の日が続いておりますが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。

先日の大雨では河川氾濫の危険はあったものの、山内ガレージ近辺では特に被害はありませんでしたが、全国的にこれ以上の被害が拡大しないことを願っております。

 

 

さて、今回は新しいサービスのご案内です。

 

「車検のお客様へフロアマットのクリーニングサービス」

を開始いたしました。

車検でご入庫のお客様へお声掛けさせて頂いております。

マットのクリーニングをサービスとして実施させていただきます。

 

おクルマのフロアマットの清掃に、お困りのことはありませんか?

 

 

・はたいても、次から次にホコリがでてくる。
・食べ物や飲み物をこぼして異臭がする。
・目に見えてマットの汚れが目立つ

このような事にお困りの方は多くいらっしゃいます。

特にじめじめした時期などは、車内中にいやなにおいが充満して気分も落ち込みますね。

 

においの原因は実はフロアマット なんです。

 

 

それにしても、

フロアマットを綺麗に掃除するタイミングって難しいものです。
洗車の時に、マットを軽くはたいて埃を落とす、という方が多いのではないでしょうか。

 

 

そこで山内ガレージでは

フロアマットのクリーニングサービス を開始致しました。

 

遠目ではきれいに見えるフロアマットでも

よく見ると汚れていることが分かります。

 

 

 

 

お預かりのマットの埃を落とし、掃除機でゴミを除去します。

 

 

 

 

スチームクリーナーを使用します。

付着菌99.9%の除去率!

フロアマットに潜む見えない雑菌やカビなどを徹底除去いたします。

 

 

 

 

 

 

さらに、洗剤を使用してマットの汚れを除去していきます。

 

 

 

 

洗剤での洗浄後にも、

スチームで徹底的に汚れを落としていきます。

 

茶色の水がマットからどんどん溢れてきます。

 

 

 

 

水洗い後には柔軟剤を使用して一定時間漬け込みます。

柔軟剤はニオイの原因となる菌が増えるのを抑える効果があります。

 

 

 

 

最終仕上げは、マット脱水洗浄機です。

こちらは「洗王」あらおう、という製品で

びしょびしょの状態のマットも、通すだけでほとんど乾いて出てきます。

脱水率90%以上というすぐれものです。

 

 

 

 

濡れていたマットも、この通り。

一回通すだけで、ティッシュにも水がつかない状態になります。

この機械のおかげで、短時間でマットが洗えるサービスが可能になりました。

 

 

 

 

洗浄後のフロアマットです。

汚れも取れて、除菌&消臭効果も完了!

車内がさらに清潔になりますね。

 

 

 

蘇るフロアマット!
車検のタイミングで一緒に外装だけでなく、

 

 

室内も気持ちよくなりましょう!

-2018.07.07

【車検整備】ブレーキの分解整備って必要?

スタッフブログ

 

こんにちは。

山内ガレージです。

 

今回は車検整備についてのお話です。

 

お話しのテーマは

「車検整備のブレーキ分解整備って必要?」という内容です。

 

 

車検整備のブレーキ分解整備とは

 

車検整備内容には「足廻り点検項目」という部分があります。

 

 

 

 

実際に何を行うのかと言うと・・

 

ブレーキのディスクやパッド、キャリパーの状態を一度分解をして確認する

というものです。

 

ブレーキの点検。

クルマを止めることができないと、即刻事故に繋がります。

ブレーキはクルマの中で一番重要な部分なのです。

 

 

 

さて、今回のテーマ

 

「ブレーキの分解整備は本当に必要なのか?」

 

ブレーキはたくさんの部品で構成されています。

実は分解をしないと見れない部分があるのです。

 

(例:その1)

ディスクブレーキのキャリパーを外さないと

ピストン部分のブーツの破れを見つけることができません。

これが原因で、ブレーキをひきずるという症状が発生する場合があります。

 

(例:その2)

パーキングブレーキの厚みの点検。

ブレーキローターを外さないと分かりません。

パーキングブレーキの戻りが悪くなったり

パーキングブレーキシューが割れているといったこともあります。

 

 

現在は「ユーザー車検」と呼ばれる自分自身で行う車検もあります。

しかし、車検という検査は基準に適合しているかどうかをみるもので、

車検に合格したからと言って、次の車検までの安全性が保証される訳ではありません。

車検に通ったからと言って、メンテナンスをしなくてOKということではないのです。

 

 

(結論)

 

ブレーキの分解整備は、資格をもった人間しか行うことができません。

2年に一度(貨物車は1年に一度)きちんと分解整備をして

メンテナンスをしてあげることは大切なことです。

 

 

ここでもう一つ。

山内ガレージでは、分解整備と一緒に清掃 を行っています。

 

たとえばブレーキの清掃です。

 

 

 

 

見た目の気持ちよさ以外にも、清掃にはきちんとした意味があります。

 

例えばサビが発生しているものを放置すると、

さらに金属の腐食は進んでいきます。

 

ブレーキの後ろ側にある金属が腐食で穴だらけになると

ハブ部分を分解して交換することになります。

これだと、お金がかかりますね。

 

そうならないためにも、分解した際に清掃にも力を入れています。

この時くらいしか清掃することができないものですし。

 

 

 

 

 

ホイールの裏側も!こんなにきれいに!

 

 

 

 

 

スロットルバルブの清掃も行います!

 

カーボンなどのごみが溜まると、アイドル不調になりやすいスロットルバルブ。

じつは、症状が起きてから清掃する方が多いのが現状です。

 

2年に一度のタイミングで、きれいに清掃してあげています。

 

 

 

 

 

 

きれいになりましたね!

 

このように、目に見えない部分にも気を配って車検整備を行っています。

あんまり気付かれる方はいらっしゃらないですが・・(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

-2018.06.16

ページトップへ