輸入車整備 有限会社山内ガレージ

有限会社山内ガレージ>スタッフブログ
有限会社山内ガレージ福岡県の外車・輸入車の車検・修理・整備・点検

メルセデスベンツ W124 パワーステアリングギヤBOXからのオイル漏れ修理

スタッフブログ

皆様、こんばんは。山内ガレージです。

 

先日、メルセデスベンツ W124(H5年式)のパワーステアリングギヤBOXからのオイル漏れ修理を行いました。

こちらが、オイル漏れしているところです。

1

 

まず、ギヤBOX分解点検を行い、オイルシールキット交換。

 

↓ ギヤBOXを分解したところ

2

 

 

ギヤBOX本体とアッパーベアリングフランジの合わせ面に傷があり、研磨にて修正

 

3

 

ボールナット、ボール分解点検洗浄及びシャフトオイルシールの交換とベアリングの調整と、

セクターシャフトオイルシールの交換及びバックラッシュ(ギヤの遊び)調整を行いました。

※通常、ボールナットはスクリューの溝に並んで入っています。

 

 

4,5

 

 

バルブスプールも分解点検、洗浄。

※ バルブスプールは、ハンドルを左右にきった時の油圧の切り替えを行うものです。

6

 

 

 熱により、ゴムパーツはカチカチに固くなっていました。 ↓

 

 

8

 

パッキン類を交換し、パワーステアリングギヤBOXのオイル漏れ修理は完了しました。

-2017.01.18

新規診断機導入(PS90J) 

スタッフブログ

ユーザーの皆様、そして山内ガレージをサポートしてくださっている皆様、

旧年中は大変お世話になりました。

来年も何卒宜しくお願い致します。

 

さて、山内ガレージでは来年に向けて新しい診断機を導入致しました!

 

Automiltech様最新診断機 「PS90J」です!

img_3150

 

img_3151

 

img_3153

 

img_3155

 

今までよりも幅の広い修理ができるように、

山内ガレージとしても飛躍していきたいと思いますので、

来年もよろしくお願い致します。

それでは皆様、良いお年をお迎えください!

-2016.12.29

ベンツ300E(W124) クーラント内オイル混入修理

スタッフブログ

皆様こんばんは。

先日、オーバーヒート気味になるという事で、「ベンツ300E W124 (103 直6エンジン)」が入庫しました。

水温ゲージを見ると、確かにオーバーヒートまではいかないものの少し手前の段階、電動ファンもHIで回っているので、早速点検に入ることに・・・

 

まずはエンジンを冷やしクーラント量を確認、ラジエターキャップを開けるとビックリ!

オイルがたまっている状態! 

これは間違いなくミッションのオイルクーラーからクーラント内にオイルが混入していると判断。

ミッションのオイル量を確認すると、オイルレベルは正常なのでこれではない。

後は、エンジンヘッドを分解して内部点検作業に入ることに・・・

 

エンジンヘッドを外し、ヘッド面とブロック面のひずみを点検したが異常なし。

どうやらヘッドガスケットの劣化によるオイル混入のよう。

せっかくヘッドを外して分解したので、バルブも分解し洗浄とすり合わせを行いました。

 

2

 

ピストンヘッド面も洗浄して汚れもスッキリしました!

 

3

 

ピストン全体を見ると、こんな感じでピカピカです!

 

4

 

エンジンシリンダーヘッドガスケットを交換してヘッドをのせ、

 

(↓ ヘッド上から)

5-1

 

(↓ 横から)

5-2

 

エンジン完了!

クーラーントの色も鮮やかになり、水温ゲージも上がらず調子も良くなりました。

6-2

 

 

 

 

最後の仕上げは、オシロスコープを使用してデューティー比(ガソリンと空気の割合)を調整。↓

7

 

8

 

このエンジンの寿命もまた延び、感無量です。。

お客様もまた永く乗れるということで喜んでいました~

人間と車の違いはそこなのですが、寿命のある人間と違い、車は修理を重ねていけば、どれだけでも長生きする素晴らしいのりものなんだとつくづく感じました・・・。

-2016.12.21

エンジンのボトツキ不調修理≪メルセデスベンツE320 W210 ステーションワゴン≫

スタッフブログ

今回は、「メルセデスベンツE320 W210 ステーションワゴン」 エンジンのボトツキ不調修理の様子をご紹介します。

 

エンジンチェックランプが点灯、エンジンのボトツキにて入庫しました。

ディーラー様にてエアマスの不調との診断を受けてあり、エアマスの数値をテスターにて点検しましたが基準値内でした。

そこで、エンジン内の負圧をバキュームテスターにて点検したところ基準値外のため、エンジン内のエアー吸いと診断。

点検を進めていき、インテークマニホールドガスケットからのエアー吸いと判明。

ガスケット交換にて修理完了しました。

 

↓ インテークマニホールドをエンジンから外したところ

 

1-1

 

 

 

↓ インテークマニホールド

 

2

 

 

↓ インテークマニホールド 裏面 

 

3

-2016.12.14

ご感想頂きました! ≪非分解エンジン洗浄 アウディ TT≫

スタッフブログ

皆様、こんにちは。 本日は、非分解エンジン洗浄のご感想をご紹介致します。

こちら「アウディ TT」です。8月19日に非分解エンジン洗浄を施工しました。

本日ご来店された際に、約3カ月経過しましたがその後の様子はいかがですか??とお尋ねしたところ、

「めちゃくちゃいいですよ! レスポンスがよくて、噴き上がりもいいです!」とのこと!

笑顔でお答えいただきました~ ありがとうございます!

 

 

 

-2016.11.22

新しい記事

アーカイブ

アーカイブ

ページトップへ