輸入車整備 有限会社山内ガレージ

有限会社山内ガレージ>スタッフブログ
有限会社山内ガレージ福岡県の外車・輸入車の車検・修理・整備・点検

ベンツSLクラス R230オイル漏れ修理 

スタッフブログ

皆様、こんにちは。

今回の投稿は、オイル漏れでご入庫されたベンツSL W230です。

リフトで点検しましたところ、左側のフェンダーと車両中央からポタポタとオイルが漏れていました。

オイル漏れの箇所は、ABCサス本体とホース・アキュムレーターでした。

特にアキュムレーターのオイル漏れがひどく、フェンダーライナーを外しましたらボタボタとオイルが漏れています。

 

↓下の写真は、ホースのオイル漏れです。

 

↓左が新品アキュムレーターです。

 

↓ABCサスペンション本体からオイル漏れしていましたので、新品に交換致します。オイルを規定量注入して修理完了です。

 

次はミッションオイル漏れです。

↓オイルパンガスケット及びカプラーからオイル漏れ

 

↓左が新品EGSカプラースリーブです。

さらに、オイルパンガスケット及びオイルストレーナー交換、カプラースリーブ交換し、最後にオイル規定量注入して完成いたしました。

 

皆様、もし中古SLの購入をご検討される時は、ABCのオイル漏れ

が発生していないか確かめて購入されることをお勧め致します。

かなり高額の修理費用になります。

-2020.03.16

ベンツVガソリン臭がたまらない

スタッフブログ

皆さま

お元気でしょうか?

2020年もすでに2ヶ月も過ぎ…💦ました。

皆さまの支えにより

山内ガレージは、いつもバタバタとしております。

いつもご来店のお客様には、バタバタして

ご迷惑をおかけしている事と思いますが…

暖かい目で見て貰えたら嬉しく思います。

この場をかりてお礼申し上げます!

いつもありがとうございます😊

そんな久しぶりのブログです‼️💦

サボってた訳ではありません‼️💦

忙しかったのです‼️💦いい訳ですが…(笑)

しゃべりはこの位で内容に行きましょう〜

今回の内容は、ベンツVクラスになります。

依頼内容は、走行中なんかガソリン臭いと言う修理でして、LINE登録して頂いてるお客様でしたのでLINEで入庫日取りを打合せ後

車両をお預かりしたのですが…💦

すでに入庫直後車の前で話をしているだけでかなりのガソリン臭がしました…💦

これはかなりガソリンが漏れてると思い工場にピットインして下廻りを点検した所‼️

以下の写真は、下廻りから見た燃料タンクの写真です↓

ガソリンタンク廻りの防錆剤がガソリンにより溶かされてました…💦

燃料漏れはどうも燃料タンクの上側から漏れてる感じでしたので燃料タンクを下ろしました。

燃料タンクを下ろした写真↓

タンクもかなりデカいですね…

燃料漏れ箇所は、燃料ポンプ本体の様です。

ポンプ廻りに燃料が溜まっていました…💦↓

かなり危ない状態でした…

早速燃料ポンプを新品と交換↓

タンクに取り付けた状態の写真です↓

燃料タンクを取り付け後燃料を満タンにして

燃料漏れを確認した所

燃料漏れは止まっていました…✨(笑)

安心しました😃

僕らの整備というお仕事は、お客様の命を守るのが第一目的にあります‼️

車は一つ間違うとお客様の命を奪いかねない危険な乗り物ですし…

楽しい乗り物でも有りますが…

山内ガレージで

いつも心がけている事は、車で命に関わる部分のハンドルとブレーキと燃料廻りの修理は絶対妥協しないと言う事は、常に肝に銘じています‼️

先代の師匠からもそこは、叩き込まれました✨

そこを疎かにすると大変な事になるからです‼️

今回は、何事も無かったので良かったですし

お客様自身の早い対応が良かったと思います✨

皆さまもお車に乗っていてなんかいつもと違う感じがした際には、すぐにお問合せ下さい‼️

人間と一緒で、早期発見早期治療だと思います✨

次回のブログは、2週間後辺りを考えております😃

また、よろしくお願い致します‼️

-2020.03.07

リフトさん、長い間ありがとう‼️

スタッフブログ

 

皆さま新しい年をいかがお過ごしでしょうか?

今年初めてのブログ更新にあたり

遅くなりましたが・・💦

 

ご挨拶を・・

明けましておめでとうございます‼️

 

 

旧年中は、大変お世話になりました。

皆様に山内ガレージを支えてもらっている事に日々感謝しております‼️

 

 

もう新年が始まりすでに1月が終わろうとしています。

早いです・・💦

 

 

今年に入ってからすぐに

車両を持ち上げる為のリフトを交換しました(2機)

長年使用していると定期的なメンテナンスは必要なのはもちろんですが、

中のワイヤーが突然切れたりだとか…

絶対にあっては行けませんが…

万が一の事を考えてリフトを新しいリフトに交換しました。

 

 

リフトは僕たちの命を守ってくれている大切な機械工具だし

お客さんのお車の修理のお手伝いをしてもらっています。

 

このリフトは創業以来36年間頑張ってくれました。

リフトにも感謝してます‼️

ありがとう‼️

 

 

こちらは新しいリフトの工事風景です。

 

 

 

リフト設置が完了しました!

 

 

早速修理させていただいている車両をリフトアップします!!

 

 

 

 

 

新しいリフトへの思いを伝えました‼️

これからも作業者の命を守ってください🙏

お客様のお車の修理のお手伝いをよろしくお願い致します🙏

と言う事でリフトをなでなでしましたが…

リフトは無言でした…(笑)

 

 

そんな山内ガレージですが…どんな(笑)

今年もスタッフ一同

明るく元気に😊頑張って行きたいと思いますのでよろしくお願い致します‼

-2020.01.25

メルセデス・ベンツB180(W245型)ATオイル(CVTフルード)交換

スタッフブログ

 

皆様、こんにちは。

一年は早いもので今年も残すところあと10日となりました。

歳をとるのも早いはずです(笑)

 

ということで、いつものようにバタバタしている山内ガレージですが

今回はメルセデス・ベンツBクラス(W245)のATオイル(CVTフルード)の

交換の様子をご紹介させていただきます。

 

 

走行距離も4万キロを超えてそろそろ交換の次期・・

ということで今回エンジン内部洗浄と同時にATオイル交換をさせていただきました。

 

まずはミッションオイルパンを取り外します。

 

 

オイルパンには磁石が取り付けてあり

ミッション内の鉄粉などの削りカスが付着するようになっています。

 

 

走行距離4万キロですが、かなり鉄粉が付着していますね。

 

念入りに清掃を行っていきます。

清掃後のオイルパンがこちらです。

 

 

新品のようにきれいになりましたね。

 

 

次にコンバータ部分のドレーンも取り外してオイルを抜きます。

メーカーによってはドレーンがないタイプもありますが、

メルセデスはこのようにドレーンを抜くことができるので便利ですね。

汚れたATオイルより多く抜くことができます。

 

 

ATオイルフィルタも新品に交換させていただきました。

交換前のATオイルフィルタの汚れは穴から見ることが出来ます。

こちらも汚れていますね。

 

 

こちらが新品のATオイルフィルタです。

 

 

 

 

ミッションオイルについてのお話です。

メーカーでは無交換を推奨されているところが多いです。

ATの機構は複雑になっており、使用するオイル特性や量などの知識が必要となります。

不用意にミッションオイルを交換して故障するリスクを避けるために無交換を推奨されているようです。

 

ですが・・

走行距離4万キロのおクルマでもこれだけミッション内の鉄粉が溜まっていますので

この鉄粉がミッション内部を回っていると考えると恐ろしくなります。

エンジンオイル同様、ミッションオイルの交換も定期的に行われたほうがおクルマのためには良いと思います。

山内ガレージではミッションオイル交換を4万キロ毎で推奨しています。

交換をされる際は、知識やノウハウのあるお店にご依頼されてくださいね。

 

最後に山内ガレージ目玉サービスのエンジン内部洗浄を行わせて頂きました。

 

 

 

長く乗り続けるために、こまめなオイルメンテナンスは大切ですので

今からでも遅くありません。

ご自身の大切なおクルマを永く乗られたい方は

お気軽にご相談ください!

 

ありがとうございました。

 

-2019.12.21

メルセデス・ベンツCLK エアコンカタカタ異音の修理

スタッフブログ

こんにちは。

山内ガレージです。

 

今回の修理依頼内容は、エンジン始動後、室内エアコンよりカタカタ異音がするという内容でした。

こちらは、W203 W208 W209の定番の故障内容ですね〜💦

 

この車両は、エンジン始動時にエアコンフラップの初期作動を必ず行う設定になってます。

全てのフラップが良くても悪くても動くので、その作動音が問題無ければ音はしないのですが、

問題が有れば作動時に「カタカタ!コトコト!!」と異音がします。

 

初期動作が終われば音は止まるのでほとんどの方が修理せずに乗っているのが現状ですが

今回こちらのお車は、特別な想いのあるお車でして

お父様が乗られてる車両を息子さんに受け継ぐにあたって

ちゃんと治してあげたいとの事で、今回のエアコンの修理に至りました。

 

 

僕も気合いを入れてがんばります!

 

 

まずはテスターにてカタカタ異音の原因の目星をつけてバラします!

 

テスターでは以下の内容がエラーとして残っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度の原因箇所を特定して室内分解します!!

やはりエアコンのアクチュエーター部分ですね。

 

 

 

 

バラバラです…

 

さらにバラバラにします…💦

 

 

 

 

 

この写真をお客さんに見せると

元に戻るんですか?と心配されてました(笑)

 

戻ります!!戻します!!(笑)

 

 

エアコンフラップの修理をするにはエアコンそのものを外さないと

修理出来ない構造なのでエアコンその物を室内から外します。

 

 

こちらの写真がエアコン本体です。

 

 

 

 

これから本格的にエアコンの修理を行います。

 

エアコンフラップは、各10個のモーターで作動していますが、全部交換したい所ですが…💦

1個のモーター価格は3万円から。

ですのでモーター全部交換すると30万円部品代だけでかかります。

 

それは出来ないので悪い所だけを交換しました。

今回は4カ所のモーター交換です。

 

モーターを外すと中に樹脂製のギヤが入っていますがこれがやはり破損してました💦

 

 

 

 

モーター側も削れた白い粉が出てました。

 

 

 

 

こちらが音の原因ですね!!

モーター交換後の写真です。

 

 

 

 

モーター4カ所の交換と全ての樹脂製ギヤを交換して車両に組み治し、

朝イチの嫌なカタカタ異音も無くなり作業終了です。

 

お客様にも喜んで頂けました‼️(笑)

 

 

こうして手を掛けて修理して行く事で、皆さま愛着が湧いてくるんだと感じました✨

 

それと同時に修理をさせて頂いてる僕たちも、その車に対して愛着が湧いてきます‼️

 

愛情を注いであげたお車はきっと応えてくれると信じていますし、

これからも大切にしてもらえることで、お車も喜んで走行してくれると思います。

 

 

最後まで見ていただいてありがとうございました!!

 

-2019.11.21

新しい記事

アーカイブ

アーカイブ

ページトップへ