輸入車整備 有限会社山内ガレージ

有限会社山内ガレージ>スタッフブログ>BMW 750クーラント漏れ修理

BMW 750クーラント漏れ修理

スタッフブログ

こんにちは、山内ガレージ岩﨑です!

9月の連休も終わりすっかり、秋らしくなって仕事の方もやり易くなって来たと感じております(笑)

コロナの影響も少しずつ緩和され世の中がやっと動き出した様にも思えます。

周りの方のお話を聞くと結構9月の連休は、お出かけした話を聞きます。

そんな僕もやっとお出掛けしました(笑)

とっ!言ってもお墓参りで佐賀まで行ったのですが…大渋滞でかなり疲れました…💦

中学生の息子と2人でお墓参りに行ったのですが…これがまた反抗期でなかなか普段はまともに話もしてくれません!(涙)そんな息子と渋滞も有り普段話せない話もでき、私的には凄く嬉しかったお休みでした^_^

さて!今回の修理ですが、BMW750クーラント警告灯とエンジン警告灯が点灯したと言う事で入庫されました。

点検した所クーラント漏れ箇所を発見‼️↓

見つけたのは良かったのですが、エンジン警告灯が点灯した原因がこのホースの真下にオルタネーター(発電機)が有り漏れたクーラントがオルタネーターに落ちて警告灯を付けていた様で…↓

最悪オルタネーターまでの交換をしないと行けない状況でした…💦とりあえずクーラント漏れ修理を先に行います。

漏れてる純正ホースを交換すれば良くなるのですが…💦また、何年か経つと同じ様に漏れる事を考えるとちょっと待てよと踏み留まり、考えた結果この樹脂のパイプと違う材質の物を使えばいいと思いアルミパイプを探し出し交換しました。

最近の車両は、樹脂パーツを使用してる箇所が多いのでこう言ったトラブルが増えてますね💦

皆さまにおかれましても、体調崩さない様お身体にお気をつけて下さい。

健康第一です!!

-2020.09.24

新しい記事

アーカイブ

アーカイブ

ページトップへ